上級管理職エグゼクティブとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 40代、50代エグゼクティブの転職で求められる人材像とは

40代、50代エグゼクティブの転職で求められる人材像とは

さらなる高みを目指して、これまでの経験を活かして

40代、50代、こうした世代で転職を考えるということもあると思います。では、こうした世代のエグゼクティブに求められてる人材像とはどのようなものなのでしょうか。

まず言えることは、即戦力となるかどうかという点です。即戦力としてではなく、将来の戦力として人材を採用しようというのであれば40代、50代の人材にこだわる必要はなくなります。30代の若い人材をゆっくり育てていこうと考える企業も多いでしょうし、入社後すぐに活躍できるかどうかというのは非常に重要なポイントとして考えられます。

このことに関連し、これまでのキャリアも重要視されるポイントになってきます。即戦力として働くことができるかどうか、実際に働いてみてもらうのがベストと言えますがそれが難しい以上、過去のキャリアから判断をすることになるからです。


特に最近のキャリア、実績というのが重要視される傾向が強いようですので、40代、50代になってどのような結果を残したのか、これをしっかりとアピールすることも大切なポイントになるでしょう。
以前の会社でどのような仕事をし、どのような結果を残したのか、そしてそのために自分はどのような力を発揮したのか、面接の時に相手に十分に伝えられるように準備をしておきましょう。

また、人間としての資質も求められることになります。エグゼクティブということは多くの部下を管理していかなければなりません。それは転職をしても変わりませんし、企業としても部下を任せられる人材を欲しいと考えているはずです。あなた自身の能力が非常に優れていると判断されたとしても、部下を任せられないと判断されてしまえば転職は成功しません。

自分に高い能力があるということを伝えることも重要ですが、それと同時に部下を管理するマネージメント能力も優れているのだということを伝えていかなければならないということです。40代、50代ともなれば転職も難しいと考えてしまいがちですが、自分の脳力をしっかり伝えることができれば転職は決して不可能ではありません。むしろその年代だからこそ重要なポストの求人が非公開でヘッドハンターなどに依頼されている場合もあるのです。