上級管理職エグゼクティブとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > もともと外資系企業で使われていた「エグゼクティブ」という言葉

もともと外資系企業で使われていた「エグゼクティブ」という言葉

日本企業ではあまり浸透していませんが・・

エグゼクティブとして働く場合、外資系企業なのか日本系企業なのかという点も重要になってきます。


国が違えば文化も風習も違うように、外資系と日本系の企業にも大きな違いがあり、その違いを知っておくということは大切です。特に、これから外資系企業に転職したいと考えているのであれば、どのような部分が日本系企業と違うのか、これを知っているかいないかは大きな差として現れるでしょう。

双方の企業で働いたことがあるという方に話を聞くと、最も多く聞かれるのがスピード感の違いです。日本企業の場合、何かを決定する場合には会議を開き、そこで十分な議論をしたうえで決定を下すことになります。その中では根回しなども必要になる場合がありますし、決定までにはある程度の時間がかかってしまいます。しかし、外資系の場合では決定までのスピードが非常に早いと言われています。素早く決定をし、その後は目標達成に向けて迅速に行動する、これが外資系の特徴とも言えるでしょう。合理主義的な考え方がこのようなスタイルにつながっているのであろうと考えられますが、日本の企業で働いていた人にとってこのスピード感は驚くべきもののようです。

つまり、外資系でエグゼクティブとして働くという場合にはそのスピード感に対応ができなければいけないということになります。決定も早いということはあれこれ迷っている時間はありませんし、大胆な決断力が必要になる場面も増えてくるということになるでしょう。

日本企業のように十分な時間がないわけですから、部下に対して自分の考えをシンプルに、そして確実に伝えるためのコミュニケーション能力も求められてきます。

また、トップが変わると人事も大きく変更されることがあるのが外資系の特徴の1つです。自分のポストも安泰とは言えないわけですから、常に結果を残し生き残っていかなければならないと言えます。大変なことも多いと考えられますが、やりがいもあると考えられるのではないでしょうか。