上級管理職エグゼクティブとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 日本国内でも女性管理職が求められるように変化してきました

日本国内でも女性管理職が求められるように変化してきました

女性が評価される時代・社会の到来

現在、日本国内の企業で管理職として働いている女性というのはまだまだ少ないのが実情です。
企業で働いている女性も男社会であるということを痛感している方が多いのではないでしょうか。
しかし、今後もこうした状況が続くのかというとそうでもありません。

日本政府は女性管理職の割合を2020年までに30%にまで引き上げるという目標を掲げており、現在の割合は11%ほどですから今後女性の管理職の割合は大幅に増加することが十分に考えられます。
また、目標である30%という数字も欧米各国と比較すればまだまだ低い数字であるといえ、将来的にはさらに大きな割合を占める可能性もあると言えるでしょう。こうしたことを考えると、女性管理職の可能性はこれからさらに広がっていくだろうと推測できます。

今、管理職ではないとしても今後管理職としてバリバリ仕事をこないしたいと考えている女性にとってはチャンスは来ると言えます。さらに、すでに管理職として働いているという女性も今後さらなるキャリアアップを目指すことができるでしょう。

管理職になるということは収入がアップするという金銭的なメリットももちろんですが、大きなやりがいを感じることができますし、自分自身を大きく成長させるよいきっかけにもなります。仕事を通じてレベルアップをしたいという方にはまさにぴったりです。

現状、女性が管理職として働くのは難しいとしても、今後は管理職として働く女性も確実に増えていきます。その時のために今から準備をしておくというのも大切になるのではないでしょうか。管理職ともなればたくさんの部下を指揮し、動かしていかなければならなくなります。これまでと同じような考え方、仕事のスタイルでは思うような結果を残すことができないかもしれませんし、今のうちから管理職を意識して仕事に取り組むというのも大切になるのではないでしょうか。そうした努力が無駄にならないだけの可能性が秘められていると思います。