上級管理職エグゼクティブとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 海外台湾を拠点とする企業で働く

台湾を拠点とする企業で働く

海外拠点としての台湾

外資系企業は勿論ですが、日本企業でもグローバル企業はあります。そして大きな会社であればあるほどアジアに拠点機能を持たせることが多いのです。日本に本社を置くのは当然ですがアジア全域をカバーするためにはシンガポールや香港といった位置が非常に便利なためです。

エグゼクティブとして働く場合、ひじょうに能力を求められる事になります。人種を超えて仕事に当たる必要があるため日本人だから給料がイイとか、日本人的な仕事のやり方が望まれているとか、そういったことはありません。

基本的に英語によるコミュニケーションを実施、アジア全域に指示を飛ばすポジションでもあるので各国の商慣習についても熟知している方がこのエグゼクティブのポジションになりえます。今はこの拠点としての役割を持つ国としてシンガポールや香港が候補に上がりやすいことは確かです。それと同時に台湾に進出する会社も多く今やITやハイテク産業では台湾という国自体は非常に成長率が高い国といえますので、今後の拠点としての台湾に期待が集まっています。

しかし台湾は昨今のニュースでも分かる通り大陸中国の一部と見られております。(日本政府も)その台湾でのビジネスとなると、いわば背後にいる中国との関係も考えなければいけませんので、ここがネックになりそうです。また一方で台湾で働くことを望む日本人が増加していることも事実、台湾という親日国に憧れをいだき、働いてみたい、活躍したいと志す若者が多いということでしょう。

台湾に関する転職情報はこちらのサイトも参考になります。
http://taiwan-job.net